« 美柑の『変わるわよっ(はぁと)』 | トップページ | 冬コミ当選記念・おパンチラさつきちゃん »

2008年10月28日 (火)

Can't Take My Eyes Off 美柑

冬コミに参加するのであれば、遅筆な私は、もう原稿に集中して進めなければならない時期なのですが、今週の週刊少年ジャンプ48号のToLOVEるにおいて、仰天のシーンに目を奪われた私は、半ば使命感に駆られるように、我れらが最愛の妹である美柑さんの動向をお伝えするべく、今週も図解を試みたのです。その問題のシーンとは↓このような感じ

クリックすると大きな画像を表示

・・・??
また、ちょっとヘンな補正入ったかな…

サークルHPの方でもここでも、何度か似たようなこと書いてますように、私はリトと美柑には、あくまで兄妹としての仲睦まじさを期待しているのですが、このページに描かれた二人を見た時…

もう、お似合いのカップルにしか見えなかったのですよ。

肩を摺り寄せて耳元で囁くように語りかける美柑さん。美柑の顔を見返しながら応えるリト。・・・この演技はまるっきり、すでに身も心も溶け合った恋人同士であるかのようじゃないですか。

『嬢ちゃん、そりゃ兄ちゃんや。あんたの彼氏ちゃうで!

と、私がエセ関西弁でツッコミたくなるのも無理からぬことかと。

ところがリトの方はというと。
いくら相手が妹とはいえ、こんな可愛い女の子の息が耳たぶをくすぐりそうな距離に顔を寄せて囁かれ、少女特有の甘~い香り(※注:妄想)に鼻腔を刺激されたなら、健康な青少年男子であれば、ちっとはドギマギして赤面くらいはしそうなもんですが、異性に関しては免疫不全なはずのこの男が、まるで表情を変えやがりません。

『なんでそこで、グっと肩を抱き寄せてオデコにチューの一つもしてやらんのですか~!

と、悩乱する私の気分を代弁するかのように、美柑さんがボソっと一言

『…鈍いなぁ…

まぁ実際の劇中の美柑は、自分に対するリトのリアクションに失望して言ったわけではないですけど。

普通だったら何の気なしに読み過ごしてしまいそうな、何気ない場面での尋常でない萌エロ度に「この際、美柑ENDでも良いのではないか!?」と、一瞬血迷ってしまった今回でした。もしこの二人が血の繋がりのない男女として出会っていたら…?とかね。考えちゃいます。兄妹として時を過ごしてこなかったら、美柑はさほどリトに御執心にはならないかもしれませんが。

冗談はさておき、ストーリーの方はまた少し重要な動きがあり、全体的にも読み応えのある回でしたね。リト・春菜・ララと、メインの3人を中心の恋模様が動き出して、今後が楽しみです。ところでララの妹の、ナナとモモの双子がどんどんロリロリしてくるような気が…

|

« 美柑の『変わるわよっ(はぁと)』 | トップページ | 冬コミ当選記念・おパンチラさつきちゃん »

ToLOVEる-とらぶる-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520319/42927615

この記事へのトラックバック一覧です: Can't Take My Eyes Off 美柑:

« 美柑の『変わるわよっ(はぁと)』 | トップページ | 冬コミ当選記念・おパンチラさつきちゃん »