« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月27日 (金)

Dearest Sisters

今週の週刊少年ジャンプ17号の『To LOVEる-とらぶる-』。

今週はロリ妹キャラ大好きッ子狂喜の展開です。まずはリトへのアタックが次第に過激になってくるモモですが、仰天の愛人宣言が飛び出しました。

090327momo

個人的にはリトの妹ポジションとして美柑の強力なライバルになるであろうと目しておりましたモモですが、積極的なわりに無邪気というか淡泊なララの妹とは思えない小悪魔ぶりを絶賛発揮中。これがまた凶悪に可愛いから困ります。一方で双子の姉であるナナの方はといえば、モモと同じ環境で育ったとは信じられないほど男女の仲に疎いところを今週も見せつけてくれています。で、例によってその二人に振り回され災難に見舞われるリト、といったお話ですが―。

続きを読む "Dearest Sisters"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月13日 (金)

スンスンス~ン♪

突然ですが車を買いました。

090313demio

これまで乗ってた車は刑事コロンボが愛犬を乗せて走ってるプジョーに比肩するかのようなオンボロになってしまっていたのですが、今度は初めての(もしかしたら最初で最後の)新車に。

続きを読む "スンスンス~ン♪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

金色のSolitary

今週の週刊少年ジャンプ15号の『To LOVEる-とらぶる-』

COMIC☆1用の原稿スケジュールがヤバイというのに、また今週も記事もイラストも描かずにはいられないほど萌え殺されましたですよ。内容は先週の予告とはだいぶ違うとはいえ、個人的には良い方に期待を裏切られたお話でした。「銭湯、銭湯はどこに…!?」と呆然とされてる方々のお気持ちも、察するに余りありますが(^^;

090310ritomikan

上のイラストは、例によってまた漫画のシーンを私の脳内でかなりねじ曲げてしまっておりますけど、普通「コイツ、もしや熱でもあるんじゃないのか!?」といった心理描写はギャグとして扱われることが多いのに

「いつもこんなに優しいんですか?」

という(美柑と身体が入れ替わった)ヤミの言葉が表しているように、リトがいかに妹の美柑を大切にいたわっているかという事が表現されてて堪えられません。今週号のジャンプは、トラブル104「兄妹」が掲載された昨年の29号に続いて2冊購入して1冊は保存用にしました。後に書きますが、別の理由もあるのですけど。

このようにリトと美柑の、固い固~い兄妹の絆の描写に何より癒される私としては、今回は美柑を大切にするリトの愛情にヤミが心動かされてリトにメロメロになってしまった話…と解釈してしまいたいところなのですが、冷静に読み取れば違いますよね。今回の話のテーマは、ヤミが自分ではあまり意識せずに抱えている孤独感を照らし出すところにあったのではという気がします。

続きを読む "金色のSolitary"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

BOY MEETS GUY

今週の週刊少年ジャンプ14号の『To LOVEる-とらぶる-』。
例の如くリトによってパンツいっちょの姿を晒されてしまったヤミちゃんですとか、久々登場のリコですとかを差し置いて申し訳ないのですが、私は今回はお気に入りの野郎キャラについて語らなければなりません。バレンタイン話に引き続いて登場の、古手川遊君です。

090304ritoyuu

昨年、風邪で学校を休んだ唯をリトが見舞う話が掲載された時に、遊について『リトの兄弟分的な役割で絡んでこないかなー』といった希望を記事に書いたのですが、今週はまさに

キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!

と叫ばんばかりの展開でドッキドキもんですよ。
いや、ヘンな意味じゃなくて;

なにしろリトも遊もどっちもイイ奴ですからね。まぁToLOVEるの主要人物には悪人は(というか読んでて不快感を覚えるような行動をするキャラは)居ないのですが、ToLOVEるの魅力の半分は男性キャラである主人公リトが担っていると思う私にとって、遊を加えた男の子二人組は、例えるならば映画『明日に向かって撃て!』のブッチ・キャシディとサンダンス・キッド。或いはアニメのルパン三世と次元大介。いずれはそんな感じの友情を築く、優しく強くカッコ イイ男のコンビに成長してくれるような期待をしてしまいます。

続きを読む "BOY MEETS GUY"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »