« 夏コミ当選報告&とらぶる限定版単行本14巻 | トップページ | 同人誌の中のリト »

2009年7月18日 (土)

シスターうぉーず -美柑の逆襲-

俺は今、もーれつに感動しているッ!!
(古谷徹さんか千葉繁さんの声での再生がベター)

夏コミ新刊の入稿まで更新してる余裕はないところでしたが、本日発売の週刊少年ジャンプ34号のToLOVEるを読んだ今、この興奮を吐露せずにはいられませんですね。

090718owys301

イラスト新たに描いてる余裕がないので、夏コミで頒布予定の新刊の表紙を公開します。入稿前にもう少し手を加えるかもしれませんが。

新刊の情報については入稿後に改めて書かせていただくとして、今回は美柑ファンにとっては凶器の狂喜の展開でした。
常々、ララの妹のモモは美柑にとってリトを巡るライバルになりそうな存在だと思っていましたが、今回ついに正妻vs愛人…もとい、実妹vs義理妹候補による妹戦争が勃発したのです。

これまでも美柑がリトと親しげな女性キャラに嫉妬していると思える描写は時々ありましたが、特定の相手に対して対抗意識を剥き出しにしたのはこれが初めてです。モモは年格好も近いですし、美柑にしてみれば妹としてのポジションを侵食されそうな危機感が高まったのかもしれません。

モモがリトに夜這い(?)をかける現場を抑えて釘を刺そうと目論む美柑。その為だけだったら、何も枕持参でリトのベッドに潜り込まなくても良いような気もするのですが…。「とらぶるくえすと」で一緒に寝ることを提案した時といい、美柑の心根ではやっぱり、機会があればお兄ちゃんにベッタリして甘えたいという意識が強いようです。リトと美柑が仲良く添い寝するところを是非見たかった私としては、もう涙ものの展開ではあります。

いったい何の夢を見ているのか、寝ぼけたまま美柑のお尻を愛撫しはじめるリト…。もしかしてモモに対しても意識せずに同じような事やってるのでしょうかね。モモの言葉ではないですが、目を覚ましている時とは別人のようなテクニシャンぶりです。「マシュマロ~」とかじゃなくて、リトも起きていて美柑と一緒に寝ることに照れたりしてると完璧に望み通りの展開でしたが。

でもこのままオバカな寝ぼけっぷりで終わらないのが我らがリトさんです。屋外で轟きはじめた雷鳴に怯える美柑に呼応するように、眠ったまま美柑を背後からギュっと抱きしめ「兄ちゃんがついてる…」と囁きます。実は起きてるんじゃないでしょうね、この男は。

幼い頃の思い出が蘇り、リトの体温と匂いに包まれて心安らかに眠りに落ちる美柑。

うわぁぁぁぁっ

妹キャラスキーとしては狂喜というより、もう狂気に陥りそうです。原作でここまでハートフルな兄妹愛を描かれたら、もう同人誌で何描いたら喜んでもらえるのか分かりませんぜ。夏コミ用の本を制作中に自信喪失しそうorz

で、最後に余裕の笑みを浮かべるモモの前で、逆に釈明に終始する羽目になった美柑というオチ。美柑の気苦労はこれからも続きそうですね(^-^;

今回は冒頭で、美柑が同級生と思われる男子生徒に告白される描写がありました。小学生が意中の女子に交際を迫るというのは漫画ならではのシーンではありますが、まぁ美柑でなくても返答に困るでしょうね。美柑の下校シーンではお馴染みの顔になってきた友達の女子二人が登場。うち一人はリトとも面識があるのか「美柑にはステキなお兄ちゃんが居るもんねー」と囃し立てます。リトは顔も良いですし、明るく温厚ですから美柑の友達の目で見ても魅力的な男の子に映るのでしょう。他に甘えられる家族が傍に居ない美柑がブラコンに陥るのは無理ないことだと思えます。

あと、セリーヌが美柑の部屋で寝ているというのも新発見。お母さんを頼る赤ちゃんみたいで可愛らしいですね。リトと美柑とセリーヌの3人だけでもう幸せな家庭が築けそうな気がしてしまいます。何度も書くようですが、私はあくまでリトと美柑は兄妹としての絆で結ばれているから良いのだと思っているのですが。

あまり推敲している時間がないので思いつくまま書き綴った取り留めのない記事になってしまいまして済みません。夏コミ原稿に戻ります。ではまた入稿後に。

|

« 夏コミ当選報告&とらぶる限定版単行本14巻 | トップページ | 同人誌の中のリト »

ToLOVEる-とらぶる-」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ~。
以前からちょくちょく寄らせて頂いたものです。

今週のディ・モールトベネな内容からして多忙の中でも更新しているはず!と飛んできましたがそのとおりですごく嬉しかったです。有難うございました。

お体を大事にしてからうい美柑をかいてください。

投稿: P.O | 2009年7月19日 (日) 08時02分

>P.O さん

はじめまして。コメントありがとうございます。
やはり今週は美柑好きとしては黙ってはいられないでしょう、
ってもので、頑張って更新してしまいました。

夏コミの美柑本を作る上では、素晴らしい美柑回に大いに刺激をいただきましたが、この話の直後に出す本としては比べて忸怩たるものも感じます。はたして読んで下さる方達にどの位喜んでいただけるものやら(^^;
来月に入ったらサンプルページを公開予定ですので、ぜひまたいらしてみて下さい。

投稿: むつき来夢 | 2009年7月22日 (水) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520319/45668722

この記事へのトラックバック一覧です: シスターうぉーず -美柑の逆襲-:

« 夏コミ当選報告&とらぶる限定版単行本14巻 | トップページ | 同人誌の中のリト »