« パナソニックのBDレコーダーは化け物か! | トップページ | 「もっとToLOVEる-とらぶる-」第一回の感想と、ナナモモ本の表紙イラスト »

2010年10月 5日 (火)

“お楽しみはこれからだ!” 新しい「ToLOVEる」ついに始動

気がつけば一ヶ月のご無沙汰でした。むつき来夢です。サンクリ向けの同人誌の原稿でヒーヒー言ってる最中ではありますが、今日は感想記事書かなきゃいかんだろーっ、てわけで頑張って更新です。

101005mikan

ジャンプスクエア(SQ)11月号でついに連載開始された矢吹・長谷見両先生による『ToLOVEる-とらぶる- ダークネス』。本当にこの日が来たのだと感無量ですね。まずはその第一話「Continue-コンティニュー-」を三行で纏めると

・ToLOVEる最終回以降のお話で実質的に続編
・モモのリト肉食化計画
・美柑のランドセル姿

ってところでしょうか。

特に
・美柑のランドセル姿
これですよ!(*^^*)

カラーの扉絵とタイトルに続くモノクロページの本編の初っぱなから、我が最愛の妹キャラ・美柑がセリーヌを伴い、エプロン姿でお玉を片手に素立ちで読者をお出迎え。これだけでも大感激ですが、その後のページで、後ろ姿ながら週刊少年ジャンプ(WJ)連載中には見せなかったランドセルでの通学スタイルを披露してくれています。

大人っぽい美柑は高学年になったらもうランドセルは使っていないのかと思っていたので、すごく新鮮ですね。もっと大きく、正面から描いていただきたかったです。そんなわけで今回の画像は、妄想で補完した美柑のランドセル姿。時間がないので既刊の同人誌の絵の改造ですけど。

ストーリーの詳細はSQを読んだファンの方ならご存じでしょうから特に語りませんが、スピンオフとはいえノリはWJで連載していた頃のToLOVEるそのままで安心というところですね。ストーリーを進行させる役割はリトのハーレム構築を目論む(笑)モモのようです。さらにヤミと新登場のキャラ「黒咲芽亜」が今後どう絡んでくるか、というのが次回以降の展開への興味ですね。

しかし雑誌が違うとここまで違うもんか、と思うほどビジュアル面では飛ばしてますねぇ。乳首なんか単行本を待つまでもなく全開ですし、かなりきわどい絵も湯気や泡で不自然に隠される気配はありません。絵ヅラって事ばかりでなくシチュエーション自体がエロいですし、オリジナルがここまできちゃうと、自分なんかが同人誌でエロ描いても誰も喜ばないんじゃないの?と思えても当然でありましょう(^^;

元々、ToLOVEるのキャラで18禁の同人誌は描きにくかったですけどね。極端なこと言えば、リトが誰かと一線を越えてしまうと、私の中ではそれはもうToLOVEるではなくなってしまう気がするんです。さりとてヒロインたちがリト以外の男とHなことしちゃうってのも違う…って感じで。美柑本のシリーズを描いてる間にそういう思いが強くなってきて、今描いてるナナ・モモ本も非18禁本で、エロ表現のサービスについてはWJ連載時のToLOVEるにも及ばないようなシロモノになってしまっているのですが、ToLOVEるファンとして同人誌描く以上は、自分の中のToLOVEると違わないものをお見せしていきたいと思います。

話が逸れてしまいましたが、月刊誌でページ数が増えるとアクションシーンも盛り込みやすいようですし、ビジュアル表現面でもストーリー展開面でも、月刊誌での連載はToLOVEるにとって大当たりというところではないでしょうか。WJでの連載は序章で、ここから真のToLOVEるが始まるんだと思えるくらいですね。今回は第一回目ということで、掴みとしてのキャラ紹介要素やエロやアクションてんこ盛りという感じでもありましたが、ストーリー展開がより深化する次回以降が楽しみです。個人的に待望の(?)キャラクター相関図もシリーズでオマケについてくるといいなー。

今回、トピックだったと思うセリフ

モモ「危ないです、私の下に!」

…暴漢から人を庇うのに「後ろに!」ってのはよくあるけど「(スカートの)下に!」ってのは滅多にないような…というか初めて聞いた気がするよモモ(^^;

|

« パナソニックのBDレコーダーは化け物か! | トップページ | 「もっとToLOVEる-とらぶる-」第一回の感想と、ナナモモ本の表紙イラスト »

ToLOVEる-とらぶる-」カテゴリの記事

コメント

モモ「危ないです、私の下に!」

リト(読者)へのサービスでしょう。
ありがたいことです。

投稿: | 2010年10月 6日 (水) 00時23分

>名無しさん
コメントありがとうございます。
サービスに関してはこれからも
「いんだよ、細けぇことは」で
突っ走っていただきたいですね

投稿: むつき来夢 | 2010年10月 8日 (金) 02時07分

美柑のランドセル姿は新鮮でしたね。
真面目に考察しますと、スクエアから読む新読者のために、この美柑という美少女は小学生ということを表現されたのかもしれませんね。それでランドセル…

>モモ「危ないです、私の下に!」

四方八方から襲われてましたから、
後ろに下がらせるわけにはいかなかったのでしょうが…
それにしてもすごい表現です。
私も聞いたことないです。

投稿: 冬川 | 2010年10月 9日 (土) 18時42分

>冬川さん
コメントありがとうございます。
キャラ設定の紹介という意味でのランドセルというのはあるかもしれませんね。前作を知らなければ美柑を中学生かと思う人も多いでしょうから。
モモはあの状況でもリトを挑発してるとしか思えませんね(^^;

投稿: むつき来夢 | 2010年10月14日 (木) 19時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520319/49652972

この記事へのトラックバック一覧です: “お楽しみはこれからだ!” 新しい「ToLOVEる」ついに始動:

« パナソニックのBDレコーダーは化け物か! | トップページ | 「もっとToLOVEる-とらぶる-」第一回の感想と、ナナモモ本の表紙イラスト »