« 震災について | トップページ | COMIC1新刊情報・メ~ラめら放送記念で、えん魔くん本 »

2011年3月17日 (木)

今まで通りであるということ

東日本大震災で被災された方々の現在の苦しみを思うと、義援金を出したり献血をしたり程度の事しかできないで安穏と暮らしていて良いのかという気持ちになり、かなり沈んでいます。できることなら家に残っている灯油を車に積んで被災地に届けに行きたいくらいです。

110317aya一方で、被災地の様子を報道で伝え聞いて意気消沈してるだけではいけないとも考えます。無事でいる地域の者が被災地の方々の分まで頑張らなければ、被災地支援と復興の為にならないと思えるからです。

被災地の方々に直接支援の手を差し伸べるのは、行政や大企業の尽力を信じるしかありません。私たちにできるのは、いたずらに経済活動を縮減させることなく、国の活力を保ち続ける努力をする事ではないかと思います。被災された方々への思いやりを忘れることなく、各々の仕事に今までと変わりなく力を尽くすこと。それが支援策・復興策を講じる行政の力になるのではないかと。

興味半分で被災地の模様を報道で観ているだけではないか、と言われるかもしれません。自分でも迷いはありますが、今まで通りの活動を保つことが、私たちにできる被災地への一番の協力であると考えます。

私の住んでいる近隣は震災で大きな被害は受けておらず、ライフラインにも問題がないのにも関わらず、パン、バナナ、即席麺、ミネラルウォーター、トイレットペーパー・乾電池といった食品や生活必需品が店頭から消えました。漠然とした不安だけで必要以上の買い込みをするのは被災地への物資支援の妨げになるだけでなく、地元にも無用の混乱を引き起こします。この点でも、被害のなかった地域では今まで通りに、必要に応じた買い物だけをするのが大切だと思います。

取り留めのない文章で済みません。もし被災地の方がご覧になっていたら、直接にお力になれない事をお許しください。

※追記
私はこのブログにおいて政治に関する話題は極力避けてきましたが、さすがに今回の大災害への対応に関しては今の政府への疑問を抑えられません。民主党政権は政治的思惑に拘らず、野党や各自治体首長の提言や要望に真摯に耳を傾けるべきだし、在日米軍の協力も積極的に仰ぐべきだと思います。使える力を全て注がなければ、この国難を乗り越えるのは至難ではないでしょうか。

|

« 震災について | トップページ | COMIC1新刊情報・メ~ラめら放送記念で、えん魔くん本 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520319/51142091

この記事へのトラックバック一覧です: 今まで通りであるということ:

« 震災について | トップページ | COMIC1新刊情報・メ~ラめら放送記念で、えん魔くん本 »