« とらぶるアンソロジーコミックへの再録について | トップページ | 謹んでお悔やみ申し上げます »

2011年5月31日 (火)

美柑~に~花~が~咲~いて~いる~♪ ToLOVEるダークネス 番外編

5月19日に発売された季刊誌のジャンプSQ.19春号に掲載された2度目の番外編。タイトルは『Pollen plan~危険な妹情事~』。今回の主役は、待望の美柑さん!

110531mikan_celine

感激のあまりカラーイラスト描いてたら、感想記事載せるまでに雑誌の発売日から10日以上もかかってしまいました;
春眠暁を覚えずな美柑さんです。漫画の作中の季節に合わせて夏物のパジャマ着てますが気にしない!(^^;
掛け布団に潜り込むほどではないけど、抱き枕代わりにぎゅーっとしてお寝坊を楽しむ、19の発売日の頃はそんな季節でありました。

さて、本題の感想の方に移りましょう。

センターカラーの扉はもちろん今回の主役の美柑さん。鮮やかな夏空の下、洗濯物を干しているという、いかにも美柑らしい情景。「お兄ちゃん想いの妹」とアオリのコピーで明言されてるのが嬉しいところです。美柑の背後には、今回のお騒がせ要員であるセリーヌが満面の笑みを浮かべています。

サブタイトルの「Pollen plan」はそのまま日本語にすると「花粉計画」って事でしょうか。ちなみに「~危険な妹情事~」の「情事」は「じょうじ」と読むのではなく、「じじょう」とルビがふってあります。今回の番外編は冬号の0話とは違って、時系列ではスクエア(SQ)本誌での連載そのままの流れのようですね。

冒頭、キッチンで洗い物をしている美柑の元へ「まう、まう~♪」と上機嫌なセリーヌが足元をよたつかせながら歩み寄ってきます。そして例の「一時的にリトを大好きになる」花粉をプシューッっと…。そう、今回は「セリーヌの花粉を元々リトの事を好きな女の子が被ってしまったら…!?」という、週刊少年ジャンプ(WJ)連載時から興味深かったifを描いたエピソードなのです。しかも、イケニエ(笑)に選ばれたのは我らが最愛の妹・美柑さん。あくまで家族愛の範疇とはいえ、いささか過剰なブラコン気味の美柑がセリーヌの花粉でリトへの愛情ブーストMAXになってしまったら…。読み進む前からムラムラ…もとい、ワクワクしてしまった同志の皆さんも多いことでしょう。

騒ぎを聞きつけてリトとナナがキッチンに駆け込んで来ると、そこにはコーラの瓶を抱えて「うぃ~、ひっく」と酩酊するセリーヌの姿が。どうやらナナが飲み残して冷蔵庫に入れておいたコーラをセリーヌが飲んでしまったようです。セリーヌのへべれけっぷりが段々オジサンっぽくなってきているのはアニメ版の影響もあるのでしょうか(^^;

ここで、酔ったセリーヌをベッドで寝かしつけようと抱き上げるリトの絵が、なかなか和ませてくれます。リトがセリーヌを抱っこしてる姿ってこれまでは意外に少なかったですしね。誰に引っ付いていても可愛らしいセリーヌですが、一番懐いているリトに大事にされてる姿は良いものです。

さて「誰かに花粉を浴びせたら大変だ」と懸念しながらセリーヌを運びだそうとするリトがふと気がつくと、なんと美柑の頭にセリーヌの花粉を浴びた証の花が咲いているではないですか! もしや美柑が花粉の効果のエジキに…と戦慄するリトですが…。

「何あせってんのよ。私がリトに抱きついちゃったりすると思ったわけ?」

…と、美柑は普段と変わらぬ平静な態度。唖然とするリトですが「個人差で効かない事もあるのかな」と納得し、一安心でその場を去ります。現実でも花粉症にならない人もいるわけですし、美柑が平気でいるのはリトの言うように個人差なのでしょうか。あるいは近親者には効果が及ばないのでしょうか。まぁ、そうですよねー、実の兄妹でそんなことになったら大変だしー…とか思ったら。

(何コレ…!リトの声…リトの顔…ドキドキが止んないよぉ~~!!)

ドキドキと激しい動悸に耐えて焦る美柑さん。普段と変わらぬ態度は演技で、実は花粉はバッチリ影響を及ぼしていたのです。表向き平静を保っていられたのは、それこそ個人差によるものなのか、美柑がセリーヌの花粉の効果を以前から話に聞いていた為に花粉の支配に抵抗できたのか、それは判然としませんが、とにかく決壊する一歩手前で踏みとどまっているヤバイ精神状態の美柑さん。その様子をリビングの方から「ははぁん」と薄笑いを浮かべて眺めているモモの姿が…。

場面は変わって、ララを交えてリビングでテレビを観ながらくつろいでいる一堂。リトの側にいるだけで身体が火照ってしまっている美柑は、さらにリトの手に触れたことで気分がカァーッと舞い上がってしまいます。そんな美柑の様子をニヤニヤしながら見ているモモ。モモ黒いよモモ(^^;

頭に咲いているセリーヌの花が取れて花粉の効果が切れるまで、リトになるべく会わないようにしようとする美柑ですが、モモはハーレム計画推進のチャンスとばかりに、美柑をリトと接触させようと仕掛けます。

「キャッ 足がもつれちゃったheart

と、わざとらしくベタベタな振る舞いで美柑をリトに押し付けるモモ。さらに、丸っきり冷やかしにきたかのように「何あわててるんですかぁ?」と話しかけてきたモモに対し、美柑は不審感バリバリです(笑)。

元々、フランクな態度でのリトへの好意を隠さないモモは、妹としてのポジションを奪いかねないライバルとして警戒している面がある美柑ですが、それでも、アゼンダの一件でヤミと自分の危機を救ってもらったらしい(※美柑にはその時の記憶がない)事を思い浮かべて、悪気はないのではと好意的に解釈しようとする美柑。

ところがそんな美柑の気持ちを知ってか知らずか、モモはさらに美柑に攻勢をかけてきます。

「モモから美柑が具合が悪そうだって聞いたんだけど」

…と、心配そうな顔で美柑のところにやって来るリト。

(あの女!!)

と、美柑は普段のキャラを崩壊させるほどの呪詛をモモに対して胸の内で吐き出します(笑)。さらに美柑の状態が分からないリトは、このタイミングで、美柑にとっては最悪の行動に出るのでした。

「ん―――…」

美柑の体調を心配し、自分のオデコを美柑の額にくっつけて熱を測ろうとするリト。これは美柑でなくてもビックリしますわな(*^^*)。

実はWJ連載時の139話「気分はトランス」の回でもリトが美柑の熱を測ろうとしたことがありました(実際には「まるまるチェンジくん」で精神が美柑と入れ替わったヤミだったのですが)。その時の感想記事で、漫画の中では手で熱を測っていたリトが、オデコをくっつけて美柑の熱を測る姿を想像してイラストで描いて記事に載せていました。

090310ritomikan

今回はその時の希望が原作の方でも実現したわけで、個人的には大歓喜です(^o^)。これぞ正しい妹の熱の測り方ですよねーっ。現実で考えたら、これはリトも相当なシスコンということになってしまいそうですが…。普通は高校生の兄貴が小学校高学年の妹のオデコにオデコくっつけないのではないかと(^^;

そんなわけでリトによる不用意な接触でブラコンメーターがレッドゾーンをも振り切ってしまった美柑は、とうとう

(私っ…!おかしくなっちゃう…!)

と、堪えに堪えていた心の箍が外れてしまいます。

「リトぉ!!」と叫びながら抱き、その勢いでリトを床に押し倒してしまう美柑。なんかすごくヤバい構図で絡みつき、「リト、リト、リトぉっ」…っと堰を切ったように気持ちを叩きつけていきます。ついには「おにい…ちゃん…」と普段は抑えている言葉をつぶやいてしまう美柑。のし掛かられたリトの視点では、タンクトップの下の可愛いおっぱいが…って、ノーブラかよ!ヽ(`Д´)ノ いいぞもっとやりなさい。

事ここに至って、やっとリトも美柑が普通ではなくセリーヌの花粉に侵されていることに気付きますが、時すでに遅し。完全に向こうの世界にイっちゃってる眼の美柑は

(もう…どうにでもなっちゃえ…)

と、唇を寄せて…。うわぁぁぁぁっ!スッゲーよっ!やっべーよっ!歯ブラシが二つだよ!(謎)、って感じでめくるめくインモラルな世界に突入するかと誰もが期待し怖れたその時、

「…ってダメ―――――!!」

驚異的な精神力で我を取り戻した美柑は、お兄ちゃんを壁に突き飛ばして気絶させ、禁断の一線の直上で踏みとどまります。美柑ヒドいよ美柑(^^;

その様子を例によって影から見ていたモモはその様子に驚愕しますが、まだ美柑を落とすには下準備が足りないようだと感じつつ、ハーレムに美柑をも加える決意を新たにするのでした。そして美柑の頭に咲いたセリーヌの花が取れて幕。

全編、美柑可愛いよ美柑って感じで美柑スキーとしては大満足の今回でしたが、WJの頃の一話完結スタイルのToLOVEるがそのまま帰ってきたような懐かしい気もしましたね。欲を言えば、花が取れて正気を取り戻した後の美柑の気持ちのフォローが欲しかったところです。ページ数の都合で仕方ないところだとは思いますが。美柑の行動が、花粉にやられたが故の一時的な気の迷いに過ぎなかったわけではなく、元々秘めていた気持ちの発現ではなかったのか…?と思わせるところを、モモのセリフだけでなく美柑の態度で示せてもらえたら完璧だったと思います。

さてさて、感想をモタモタしているうちにSQ本誌7月号の発売が目前になってしまっていますですよ(^^; 本編の流れも楽しみですが、できればたまには番外編で、こういう懐かしい週刊連載時代のToLOVEるの空気を楽しませていただけると嬉しいですね。それではまた。

|

« とらぶるアンソロジーコミックへの再録について | トップページ | 謹んでお悔やみ申し上げます »

ToLOVEる-とらぶる-」カテゴリの記事

コメント

この回は本当にすごかったですよね。
美柑の股間がキュンキュンする場面も衝撃的でした。

美柑のノーブラにもビックリ。自宅にいるときは着けないこともあるのでしょうか…

美柑VSモモに今後も期待したいですよね。3Pでもいいですけど。

夏コミ当選おめでとうございます。私は今回落選してました。一般参加で行きますので、お会いするのを楽しみにしております。

投稿: 冬川 | 2011年7月10日 (日) 09時01分

>冬川さん
おひさしぶりです。
美柑の番外編は早くもコミックス2巻に収録され、ちょっとオマケも追加されて嬉しいです。
夏コミは落選でしたかー。残念ですが、一般参加ではおいでになるとの事ですので、お会いするのを楽しみにしています。よろしくお願いいたします

投稿: むつき来夢 | 2011年7月13日 (水) 00時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520319/51819790

この記事へのトラックバック一覧です: 美柑~に~花~が~咲~いて~いる~♪ ToLOVEるダークネス 番外編:

« とらぶるアンソロジーコミックへの再録について | トップページ | 謹んでお悔やみ申し上げます »