« ストリップ&スプリット ToLOVEるダークネス連載第9回 | トップページ | デビルークの三本の矢! ToLOVEるダークネス連載第10回 »

2011年8月16日 (火)

夏コミ参加報告&お蔵だし絵

夏コミにご参加の皆様、酷暑の中たいへんお疲れ様でした。

110816kuradashi

ご来場御礼に夏っぽい絵はなかったかなー、と昔の絵を探して出てきたのを少し手直ししてペッタンします。元絵のファイルのタイムスタンプが1998年…。昔のCG集にも収録してたような気がしますが、何考えて描いた絵だったのか忘れてしまったくらい古いです;元の絵は女の子の瞳がもっと大きかったのですが、今の絵柄に近づけるべく手を加えました。

さてさて、私が参加したのは3日目でしたが、入場して自分のスペースに着いた時からとにかく蒸し暑い!ダラダラと腕をつたう汗を気にしながらの設営作業。それでも去年よりは少しマシかな~と思いながら開場時間を迎えましたが、終日うちわを扇がずにはいられないのは去年と同じで、キツイのはあまり変わりませんでしたね。500mlのペットボトル飲料を4本開けましたが、軽い頭痛が出てきたりして、熱中症にならないかと新刊の売れ行きよりも体調が気になってました。

スペースから動かない私ですらそんな感じでしたから、開場前の屋外待機に続いて熱気溢れる場内を回られた一般参加者の方々はなおのことだったと思います。私が居たのは東1ホールでしたが、スペースから反対側の東3ホールのほうを眺めると、気のせいでなくうっすらとモヤがかかっているんですよコレが;普通の湿気だけではなく場内の人達の発散する汗が原因だったのでしょうか。まぁとにかくそんな場内の暑さでしたので、今回は開場前でもガレリアを渡った反対側の4~6ホールまで脚を運んでる余裕がありませんでした。あっち側にも幾つかご挨拶に伺いたいサークルさんがあったのですが残念です。

夏コミは夏の祭典として定着していますが、ここ数年の酷暑を考えると、屋外で多数の一般参加者が長時間の待機を強いられる状況は熱中症の危険が飛躍的に増しているようにも思います。個人的には開催時期の変更も議論の余地があるのではないかと、そんな事も思えた1日でした。

頒布物の方の話ですが、新刊は完売こそしませんでしたが、オリジナルで総集編という事を考えると想像してたよりはかなり好調でした。有り難うございます。書店委託も予約時から予想を上回る反響を頂いてますが、やっぱり創作本が支持してもらえるのは特に嬉しいですね。

一方、春のコミ1で頒布した雪子姫本は新刊ではないとはいえ、今回のサークルカットにもなっているし、コミケでの頒布は初めてだし…と余裕を持って用意してたわりには控えめな出方でちょっとガックリ(^^; 愚痴っちゃいますと、今まで出してきた本の中ではイベントでも委託でも一番の不振ですよ雪ちゃん本(T_T)。新作のアニメが放送されたとはいえ、やっぱり旧作えん魔くんベースの本ってのはムチャだったか…。それとも相手が人外ってのはウケが良くないのか。同じ人外キャラでも触手なら比較的安パイなんですけど…。長い間ずーっと描きたかったシチュエーションで作った結果なので、要因を考察したところで仕方ないですが、気が向いたらまだの方は買ってやってください(笑

気を取り直して、次は冬コミに向けてGoですね。秋のサンクリに参加するかどうか迷っていましたが、サンクリ用の本作ると冬コミの新刊出すのが苦しくなってくるので、今回は参加申込しない事にしました。冬コミはToLOVEるで申し込みます。去年の冬に描こうと思って描けなかった唯メインのストーリーで作ろうかと。予定は未定ですが参加決定したらまた続報を出します。

ToLOVEるといえば、ダークネス10話の感想記事がまたしても遅れてますな;最近、イラストにどういう感じに漫画の内容を反映しようかと難しく考えてしまって、なかなか手が動かない悪いクセが出てきております。絵さえ用意できれば記事は1日で作れるのですが。番外編の載った19の発売前には何とかしたいです~;

|

« ストリップ&スプリット ToLOVEるダークネス連載第9回 | トップページ | デビルークの三本の矢! ToLOVEるダークネス連載第10回 »

イラスト(旧作)」カテゴリの記事

同人誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520319/52487748

この記事へのトラックバック一覧です: 夏コミ参加報告&お蔵だし絵:

« ストリップ&スプリット ToLOVEるダークネス連載第9回 | トップページ | デビルークの三本の矢! ToLOVEるダークネス連載第10回 »