« ToLOVEるダークネス連載第16回 | トップページ | ToLOVEるダークネス連載第17回 »

2012年2月20日 (月)

見え過ぎちゃっても困らない ToLOVEるダークネス 番外編

18日発売のジャンプSQ.19冬号に掲載されたToLOVEるダークネス番外編は『Flower~芽生える感情?~』120219mau 今回もあまり長く書いていられないのですが、なかなか凄いお祭り回でしたので、一言でも感想記事を載せたいと思いました。

すでに定番になった感がありますが、またまたセリーヌがトラブルメーカーに。モモのデダイヤルを勝手に操作して呼び出した花を並べて遊んでいたところ、性格を豹変させる「ジキドの花」の匂いをリトが嗅いでしまい…というストーリー。この冒頭のセリーヌがえらく可愛いです。どんなイタズラをされても許せちゃいそうな感じ(^^;ちなみに私はセリーヌの足は人間と同じくちゃんと5本の指があると思ってます。アニメでは漫画の簡略表現に倣ったのか、釘抜きみたいな二本指の足に描かれる事が多いのが気になっていたのですが…。

さて性格がガラっと変わったリトは、ララの発明品「すけすけゴーグルくん」を借り受けて、ヒロイン達を次々とスケベな視線のエジキにしていきます。今回は週刊連載時代を含めても一番のサービス回だったのではないでしょうか。何しろToLOVEるの各ヒロインが次から次へと一糸纏わぬ姿に剥かれていくのですから(*^^*)。

特に、ゴーグルの機能を知っていて戸惑い、恥じらいながらも、リトに要求されると断れないララが可愛いですね。美柑はやっぱり昔はリトと一緒にお風呂入ってたんですねぇ。まぁそれで普通だと思いますけど。呆れてるように見えて微妙に期待感も伺えるような美柑のリアクションが良いです(笑)。小さいころに仲良く二人でお風呂入ってる回想シーンとか見てみたいですね。

舞台を学校に移し、女生徒のハダカを求めて学校中駆けまくるリト。ここでは里紗の尻が素晴らしいですね。さらに唯。他のキャラとは違って、接触してのエロブルに発展します。唯は週刊連載時代にも何度か大事なトコロをリトに晒す羽目になっていますし…なかなか優遇されていますね(^^;

最後は、春菜に対して洒落にならんイタズラをしようと目論むリトを、モモが「ケンジャの花」で阻止して幕。モモも欲望のままに暴走し女性に対する誠実さを欠いたリトがハーレムを目指しても意味がないと考えているようです。

オチでは唯を相手に暴走中の記憶もバッチリあるリト。唯は優遇されているのかヨゴレ役を一身に引き受けているのか分かりませんな。本当に責任取ってあげなくては気の毒な気もしてきます(^^;

前述のように今回はToLOVEるの各ヒロインが次々とハダカを晒すお祭りだったわけですが、ページ数の都合か、ナナ・お静ちゃん・御門先生といったところが登場しなかったのがちょっと残念でしたかね。特にナナはどんなリアクションをするか見てみたかったです。本編でシリアス気味の展開を引き受けているメアが出ないのは仕方ないかと思いますけど。また、春菜はリトの妄想に登場するのみで実際には被害に遭いませんでしたが、もし登場して絡みがあったら、前回の秋号の話と同じように週刊連載時代のエピソードと対になる構成になるように思えました。春菜がドS化するトラブル140「春の足音」←→今回 というわけですね。

さてさて、表紙でToLOVEるキャラがお祝いしていましたが、SQ.19が季刊から隔月刊に変わるようです。というと、ToLOVEるダークネスの番外編も二ヶ月に一度読めるようになるのかな…? 週刊での連載を長くこなしてこられた先生方ですから、月刊+隔月刊というのは十分にキャパの範囲かもしれませんけど、現在単行本作業なども含めてかなり充実したお仕事ぶりですので、ご負担にならなければいいなとは思います。…などと書くのはかえって失礼かもしれませんが。プロの方のなさるお仕事ですからね。要らん心配しないで素直に楽しみにするのが正解というものかも。

それではまた~。
夏コミ申込用のサークルカットがまだ描けない;どうしよう(@@

|

« ToLOVEるダークネス連載第16回 | トップページ | ToLOVEるダークネス連載第17回 »

ToLOVEる-とらぶる-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520319/54028304

この記事へのトラックバック一覧です: 見え過ぎちゃっても困らない ToLOVEるダークネス 番外編:

« ToLOVEるダークネス連載第16回 | トップページ | ToLOVEるダークネス連載第17回 »