« アニメ化決定 ToLOVEるダークネス連載第18回 | トップページ | COMIC1☆6 新刊情報 »

2012年4月24日 (火)

あたしがアイツでアイツがあたしで ToLOVEるダークネス番外編

隔月刊化されたSQ.19の第一号のToLOVEるダークネス番外編は「The changing heart ~素直な感情~」。

120424nana
今回はどっちかというと貧乳派の私としては嬉しい、ナナ主役回。ここのところSQの本編のほうでは、やや活躍が控えめになっているナナですが、その分、番外編のほうでアピールをという感じでしょうか。

のっけから何やら意味深な表情でリトに相談事を持ちかけるナナ。お風呂上がりなのでしょうか、いつもは横でアップにしている髪を解いているのが新鮮で可愛らしいです。

リトの部屋に招き入れられたナナは唐突に

「小さいおっぱいは嫌いか?」

と問い詰めます。私だったら「大好物ですが何か?」と胸を張るところかもしれませんが、リトはといえば当然のことながら、困惑して答えに窮しています。すると涙ぐんで俯いてしまうナナ。
(あれあれ、何か様子がおかしいぞ)とこちらが訝しむ間もなく、さらなる驚きの展開。「胸の大きさなど気にするな」と励ますリトの前で、何とナナは大胆にもタンクトップを脱ぎ捨ててノーブラの胸を晒してしまいます。

「リトは(こんなおっぱいでも)あたしのコトを女として見てくれてるってコトか?」

…と、妙に悩ましい表情で迫るナナ。
うーむ、何とナナはすでにここまでリトの事を…と驚かされますが、リトのリアクションも驚き。呆気に取られながらもナナの胸を凝視しながらモモや美柑の胸まで明確にイメージして比較しているじゃないですか。小6の妹のおっぱいを他の女の子と比較できるほどバッチリ記憶しているとは、どういう兄貴ですかこの人(^^;

しかしダークネスではこれまで比較的豊かな胸のキャラの露出機会が多かったですから、ナナのちっぱいは新鮮です。矢吹先生は微妙な膨らみのおっぱいの表現も見事ですね。貧乳スキーとしては頼もしい限りであります。

さてさて、胸の大きさはともかくとして、いつもと違って別人のように色っぽいナナの雰囲気に惚けていたリトが我に返って、慌ててナナを引き離そうとするのですが、ここで例によって例の如くで、振り回した手がペタっとナナの胸に張り付いてしまい…。

普通ならここでリトはナナにブっとばされてしまうところですが、今回は…。この先は、まだこれから読む方の為に一応伏せておきましょうか。もう発売から数日経過してはいますからネタバレもないとは思うのですが、意外性があって面白いオチでしたので。WJ連載時からこういうネタで話作ってもらえたら面白いだろうなー、とは思っていたのですが、直前まで全くオチに気付きませんでした。長谷見先生と矢吹先生が、キャラクターの設定と魅力を十二分に活用されてる結果だと思います。

本編の後のお知らせページにありましたが、単行本の5巻は、無印ToLOVEるの時のようにDVD付きの限定版も発売が決定。ToLOVEるダークネスのTVアニメに先駆けて番外編のエピソード3本が収録されるとか!我らが美柑さんが主役の花粉回もあるとは楽しみです。

それではまた。来週に迫ったCOMIC1の情報も近々お出しします。

|

« アニメ化決定 ToLOVEるダークネス連載第18回 | トップページ | COMIC1☆6 新刊情報 »

ToLOVEる-とらぶる-」カテゴリの記事

コメント

ウフ♡
可愛い💕

投稿: モモ・ベリア・デビルーク | 2015年8月 9日 (日) 16時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520319/54550600

この記事へのトラックバック一覧です: あたしがアイツでアイツがあたしで ToLOVEるダークネス番外編:

« アニメ化決定 ToLOVEるダークネス連載第18回 | トップページ | COMIC1☆6 新刊情報 »