« COMIC1☆6 新刊情報 | トップページ | 夏コミ受かりました & ToLOVEるダークネス連載第20回 »

2012年5月21日 (月)

わくわく動物パニック ToLOVEるダークネス連載第19回

お久しぶりです。COMIC1の報告もしないで更新を放置しておりまして済みませんでした。

120521neko

COMIC1ではお陰様で新刊は完売しました。夏コミでは今度こそ学怪本の続編を出したいのですが、こんな調子では早くも黄信号かな; 思うように時間が取れなくて、正直なところ少しばかり頭を抱えてます。

さて今月のジャンプSQ.6月号のToLOVEるダークネス第19話は「Nostalgia~あの時、あの場所で~」。
ダークネスになってから王道的ラブコメ展開を一手に引き受けている感さえある、唯主役回です。今回もほんのお触り程度にしか感想書けないのですが、見所が多くて大満足のお話でした。

唯の夢から始まったこの回。神社の木の枝から降りられなくなっている猫を助けようとする小学生の頃の唯、そして「あの」モドリスカンクの再登場。ネコ大好き、モドリスカンクも大好きな私としてはこの時点で大歓喜ですよ(^^;

ルンの家から飛び出してしまったモドリスカンクによって次々と幼児に還られていく登場人物たち。例によって唯はリトの悪意なきハレンチ行為のエジキにされてしまうわけですが、それはまぁ置いといて、足場の悪い擁壁の上から落ちかかっているモドリスカンクを捕まえて救うべく、擁壁を登ろうとするリトの姿に、唯は幼い頃のある経験を思い出すのでした…。

「実は幼少時に出会っていた浅からぬ縁」というのは、ララや春菜を差し置いて、普通だったらもう正ヒロインクラスの優遇っぷりですな唯は(笑)。ただ個人的には、回想に登場したリトと美柑の仲睦まじさに悶絶してしまいました。唯が助けようとしていた猫を救うべく木に登るリトを見守る美柑。無事に猫を保護して降りてきたリトに

「お兄ちゃんすごーい!!」

そして猫を飼い主の元へ送り届けるべく、手に手をとって去っていく。「お兄ちゃん、お兄ちゃん」とリトにくっついて歩いていた頃のいたいけな美柑が可愛らしすぎます。一方で唯の妄想の中では娘役のセリーヌに続いて、美柑はすっかり義妹としてのポジションを固めているようで…(笑)。春菜や唯と美柑の会話の機会がもっとあると面白いと思うので期待したいですね。

本当はもっと色々語りたいのですけど、今回はこの辺で。次回の更新は夏コミの当落もお知らせできる時期になるのではないかと思います。

|

« COMIC1☆6 新刊情報 | トップページ | 夏コミ受かりました & ToLOVEるダークネス連載第20回 »

ToLOVEる-とらぶる-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520319/54769182

この記事へのトラックバック一覧です: わくわく動物パニック ToLOVEるダークネス連載第19回:

« COMIC1☆6 新刊情報 | トップページ | 夏コミ受かりました & ToLOVEるダークネス連載第20回 »