« 新年おめでとうございます | トップページ

2017年3月 5日 (日)

ToLOVEるダークネス完結によせて

170305celine

とうとうというか、この日がやってきてしまいました。
ジャンプSQで連載していたToLOVEるダークネスが4日発売の4月号で最終回。
矢吹先生、長谷見先生、無印時代から数えて11年にわたる連載お疲れ様でした!

残念ながらあまりじっくりと感想を書いている余裕もないので、簡潔にまとめさせていただきますと、無印の結末を大きく動かすことなく、一方で主人公リトと春菜の気持ちはスッキリと通じ合わせて、とても満足感の高いフィナーレでした。
ダークネスは無印の続編というよりは、モモやヤミが主役の視点で展開するスピンオフでしたから、これからも変わることのないToLOVEるな日常が続きます、っていう〆は期待通りで安心できる纏め方でしたね。あとはリトが最後に、これまで思い続けていたように「春菜ちゃん」と名前で呼んであげたら良かったような気もするのですが、まだまだこれまで通りのドタバタが続くんだという点でも、リトの気持ちが未整理であるという点でも、そこまで踏み込まないのも意図的な描写かとも思えます。

あー、しかしこれで介護生活の中、月に一度の唯一の癒しが失われてしまう…。まだ来月再来月と続いて番外編が描かれるらしいですけど。
感慨深いので20年ぶりくらいで漫画家さんにファンレター送ろうかなーとか思ってます。最終回ではセリフの上でしか出てこないセリーヌちゃんを何とかコミックスで描き加えてください!ってな陳情を含めて(笑)。

話は変わりますが、ブログに目を配ってる余裕がなかったもんで放置していたら、ToLOVEる人名事典のファイルを置いていたサーバーがサービス終了しちゃってました(汗;
何とかヒマを見つけて復旧させたいと思いますが、どうせなら内容の更新ができるようになってからでいいかなぁ…;
他にも色々不具合とか実状に合わない表示がありますが、当分の間ご容赦ください。

|

« 新年おめでとうございます | トップページ

ToLOVEる-とらぶる-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520319/64975393

この記事へのトラックバック一覧です: ToLOVEるダークネス完結によせて:

« 新年おめでとうございます | トップページ